働く事

人々は労働を行います。

人生の大半以上を労働に費やすのです。

世界的には日本は働きすぎで、真面目に労働に取り組む姿勢が疑問視されがちですが、日本で生まれ育った我々には比較対象がないゆえにどれくらいおかしいのか分かりませんよね。

真面目に必死に働く。

その姿が美化されてサラリーマン大国となている日本。

労働の観点は、生活のためや自分のために使うお金を稼ぐためと、前回のブログで書きましたが巨額の大金を得たとしたら皆様はどうされますか?

突然宝くじが当たったり、莫大な資産を譲り受けたといます。

そしたら仕事をせずに自由に生きるのでしょうか。

とことん突き詰めたい趣味があって、なおかつその趣味にお金をかける場合はそれでいいかもしれません。

また自分の親戚一同の面倒を見ることになるかもしれません。

しかし、とある成功者に話を聞いたところどんなにお金があって、好きな家、車、時計、異性を手に入れても人間の欲には限度があると言っていました。

男性の方だったからかもしれませんが、仕事という場面。

すなわちお金が絡む人々が本気になる場面でその駆け引きに勝利し、お金を手に入れるという行為がやはり結局は一番やりがいを感じるとのことでした。

人それぞれ意見は分かれますので、確実なものではないと思いますが、上記のような戦いの勝利を追い求める方が結果として富を手に入れ財産を築き上げるのではないかと筆者は思います。

仕事をする=お金を稼ぐ喜びを本能的に求めている人が次なる財を手に入れるのです。

お金を手に入れる。

それはお金を手に入れるための楽しさも手に入れる。

結果としてはこういう事だと思います。

働くことへの意欲があれば、失敗はしてもいい。

前回に書いたようにその教訓を生かして次の仕事に取り組めば何の問題もないはずです。

働くこと、失敗しても前を向いて取り組む姿勢こそが人間にもっとも求められることです。

何事も前向きに生きる姿勢を大事にしましょう。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする