転職の仕方

しばらく書き続けてようやく本格的な転職の話をしたいと思います。笑
おおまかな転職の方法は二つあります。
一つ目は転職サイトを使用することです。
大手リクルートを代表として様々なエージェントサービスを展開している企業があります。
筆者が経験している中で最も大事だと思ったのは、<エージェント会社を研究する事>です。
具体的には転職をしたい業種や職種で、各社ごとの強みや弱みがあるという事を知っておいたほうが確実に得です。
たとえばリクルート。
業界内で最大手になり、求人の数とキャリアアドバイザーの対応や転職システムの使いやすさは抜群です。
中小エージェントでは、<当社にしかない非公開求人が多数あります>とうたっていますが、そんなことはありません。
中小エージェントに紹介された企業をリクルートで検索すると必ず乗っています。
成果報酬型であるのが基本(転職が決まって企業がエージェント会社にお金を払う)なために、企業が最大手のリクルートに求人依頼を出さないことはまずないのです。
しかし、ここで一つポイントがあります。
リクルートはしっかりとして求職者にも企業にも最高のサービスを行うため(売り上げを取るため)に成果報酬の手数料が他者エージェントと比較して群を抜いて高いのです。
つまりAさんがリクルートで入社するのと、他者のエージェントで入社するのでは企業は支払額がまたく異なります。
求職者側からすれば大した問題ではないと思うのですが、採用企業側からすればそれは大きな問題です。
筆者がここでお勧めするポイントは業界特化型のエージェントを選ぶことです。
業界特化型は第一希望の企業に落選しても、そこに近い企業を斡旋してくれるのと何より採用企業側からの値引き交渉も受け入れます。
もちろん求職者に特別能力があったり、求職者と採用企業が求めるものがぴったりと合えばどこのエージェント経由などは、そんなに問題にならないでしょう。
企業は定年まで社員を雇えば数億円の経費を払うことになるので、そう考えればいい人材を買うのに数十万から百万程度の差を気にはしないはずです。
しかし、どこの企業でも倒産の恐れもあれば、熱意を持った社員が退職をすることもあります。(やむを得ない状況もあるでしょう)
そうなれば少しでも安く人材を買いたいわけです。
リクルートは選考が厳しい分信頼できる人間かもしれませんが、ほかの融通が利くエージェント会社から選考を進めようとするはずです。
なので、エージェント会社をいくつも使い、<その会社会社で一番最適なエージェントを使うこと>がもっとも転職を成功させる近道に違いありません。
※一度応募してしまった企業は二度応募できません。つまりはリクルートで応募してしまえば、ほかのエージェントでは応募不可なのでご注意を。(例外はもちろんあり)

二つ目には企業に直接応募する形です。
これはかなりの難易度です。
そもそも求職者が自らのレベルを把握できていれば話は別ですが、基本はネット求人広告を読んだだけでは企業がどんな人材を求めているかは理解不能です。
さらには、採用企業側にはエージェント会社で面談も何も行ってない方に信頼はおけません。
素晴らしい学歴や職歴があれば話は別ですが、書類では伝える事に限界があります。
採用企業側も時間の無駄になることはしたくないので仕方がありません。
しかし、採用費用は一切かかりません。
一円もお金を使わず獲得できる、さらには直接応募してくれる熱意のある方を歓迎するような企業はまだまだ多いはずです。
直接応募して採用していただけるのなら、それに越したことはないでしょう。

特殊な形でハローワークがあります。
こちらは紹介料が無いにもかかわらず求人広告が載ります。
基本は、自分で応募することになりますので履歴書は通りやすいと思います。

全ての転職ルートを利用して(コネがあれば使わない手なんてないですよ)最適な転職ルートを見つけ出すことが
一番の成功法です。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする