転職における年齢

前回に続き転職の話をしていきたいと思います。
転職が出来るタイミングや年齢があるのを皆様はご存知でしょうか?
高卒大卒で入社するタイミングが新卒です。
そこで何らかのパターンで数年以内に退職し、すぐに転職するのが大に新卒という枠組みです。
20代のうちは南海転職を繰り返してもいいとよく聞きますが、実際はそんなことはありません。
サラリーマンとして企業に勤めるのは、基本的には年功序列制度です。
よって未経験の分野はもってのほかですし、同業界で転職しても相当な実績でもない限りは再び末端からのスタートなのです。
今の筆者もそうですが、20代の二回目の転職は非常に重要です。
これである程度は方向が決まってくるはずです。
自分がどんな適性を究めようと志すかで、30代、40代が大きく変化してきます。
最初から一つの分野を志した人ほど強い者はいません。
しかしその志た分野が必ずしも自分にマッチしているとは限らないのです。
好きなことを仕事にすると上手くいかないタイプもいれば、自分には絶対不可能だと思っていた職種が実はとても才能があったりなんかしますよね。
後者の発見があった場合は人生はとても豊かになります。
好きだったことは趣味にして、結果が出てくればいかに嫌なことでも興味がわいてくるはずです。
筆者はたくさんのキャリアアドバイザーと出会い、たくさんの転職成功体験や失敗体験を研究しています。
転職回数が多い人は、それだけ行動が計画的か土台がしっかりしていて勝負出来る環境が整っていたのでしょう。(親の力が大半)
楽しいとかやりがいがあるとはまた違います。
天職とは仕事という分野で才能が生きているかどうかをさします。
つまり本人の意思はあまり関係のないように思えます。
やってみたいしごとがもしあるならば、天職を武器にして何かしらの形でトライすることだって可能なはずです。
天職に転職する=才能を活かせる仕事に変わる=お金が稼げる
この定義が間違わなかければ理想の転職は可能だと思います。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする