転職から考える人生

皆様は転職と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

新卒のころにやっとの思いで就職した会社でも、誰もが一度は転職を考えるものです。

ブラック企業で地獄のような日々を送られている方、上司や人間関係で悩む方など

その理由は人それぞれですが、誰もが完璧な仕事をしているわけではありません。

筆者も前職を退職し転職活動中ですが、某大手キャリアアドバイザーから送られてくる

求人をチェックしながら、より良い求人ばかり探す毎日です。

筆者は新卒で入ったとある会社を3年未満で辞めてしまいました。

前職は知人のツテで入社しましたが、入社当時から納得いっておらず、

結果として短期間で退職することになったのです。

転職先を探しながらも前職を退職したことを後悔することもあります。

筆者がまず転職活動中に思ったことは、そもそも理想的な仕事とは

なんなのかということです。

仕事=人生の方もいれば、仕事=お金をもらうためだけの時間

の方もいらっしゃると思います。

会社の愚痴を言いながらも家庭を守り、疲れ切った暮らしをしたサラリーマン。

彼らの多くは仕事に不満を言いながらも退職する人は少ないのです。

支える家族や多額のローンが理由でもあると思いますが、そんな苦しい環境でも

逃げずに耐え抜いている自分をどこか誇りを感じているのです。

今を変えなければ何も始まらないと思いつつ、状況を変えようとすることへの不安、

そして俗にいう<普通>でいることへのプライドと安心感。

筆者は転職をする前にその部分に疑問に抱きながらも、そういった国民の間で自然と

生まれている共通価値観こそが、日本という極めて安定した国家を形成しているものだと

感じています。

次に選択肢が自由にあることが、必ずしも幸せではないということも思い始めました。

「卒業したら家業を継がないといけないからさ」

身の回りにいる人から一度は聞いたことがあるようなフレーズです。

一見選択の自由が無いようで、その本人に同情してしまうかもしれません。

しかし、ある部分では家業という盾に守られて自らの希望する選択肢が少なかったり、

望む仕事をできる能力がない事を隠すこともできるのです。

選択肢が増えると悩むなんて、本当に選択肢が少なくて苦しい思いをしている方々には

反感を買うかもしれませんが、選択の自由が人生において必ずしも幸福とは限りません。

転職先を選べる自由は素敵なことです。

しかし、その時その時の状況次第では全てがプラスの方向にはならないのです。

「明日はいいことがきっとある」そう思って前を向いて生きる人間は、

何がいいことかすら分からなくなる事もあるのです。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする