生涯年収

人間の障害年収は決まっている。
いつが人生で一番稼ぐ時なのかは、人によって異なる。
つまりのところですが、いつが一番稼げる時期になるかわからないという事です。
スポーツ選手や芸能人を見ると分かりやすいかもしれないですが、彼らはあの世界にいる間に稼げるだけ稼ぐわけです。
引退や仕事がなくなってから通常の社会のサラリーマンとして溶け込むのは中々困難だと思います。
そのため自分で不動産に投資したり、自営業を展開したりされていますよね。
つまり人はいつピークが来るかわからないという事です。
もちろん稼ぐ=ピークだと決まりきったわけではないのですが、いい仕事があるうちにとことん稼ぐことや、積極的に次の仕事に結び付けることは決して悪いことではないと思います。
順調にサラリーマンとして企業に勤めあげていれば、辞めた時が給料のピークかもしれませんが、退職後は基本は何も残りませんし、何より相当な大手でも無い限り年収は高いとは言えません。
給料を稼ぐために仕事をするならば、自分の中で給料プランを考えておかなければいけません。
いつが自分の人生の中で一番お金が必要になるのか、またはいつならば低年収でも耐えられるのか、結婚やそれぞれの状況によっても異なるかもしれませんが、その給料構想が出来ている人と出来てない人では、人生プランが全く異なると思います。
一般的には50台に差し掛かった時に一番お金を使うとされています。
子供が大学に通い始めたとき、親が体調を崩し治療費がかかった時、その他にも冠婚葬祭は突然行われますし、それに伴って交通費や雑費もしっかりと管理しなければ、結構な額になってしまいます。
お金を稼ぐことが簡単になりつつある時代ですが、逆にいうと人より多く稼ぐのは本当に難しいことなのです。
貧富の差が開いていると言われていますが、働く場所はいくらでもあります。
しかし、それ以上に給与を上げたり労働者側の条件は悪くなる一方です。
残業を少なくしたりしても、結局家に持ち帰って残業している人も多いですし、せっかく稼いだお金でも管理する余力が残っておらず生活費の多くにお金を割いてしまってはあまり意味がないのです。
お金をどのタイミングでいくら貯めるのか。
また、どのタイミングで使うのか。
そのためにはどこの時期にピークとなる職を得てないといけないのか。
もちろんクリスティアーノ・ロナウド選手のように年収百億円なら全く問題はないでしょうが、それは絶対に不可能です。
転職活動をする際にも、お金のプランをしっかりと建てることが大事になってきます。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする