転職エージェントのスカウトに御用心

転職エージェントのスカウトの実態

転職活動を行うと、エージェントからスカウトメールというのが届きます。
これらの企業は非常に危険です。
レジュメ(履歴書、職務経歴書)だけを見てオファーを出してくるのは、それだけ人を急募しているということです。
つまり人がすぐにやめていくという事です。
今は、転職会議というサイトを見ればほとんどの企業の口コミが載っています。
給料、福利厚生、社風、ワークバランスなどなど….
その人の評価に寄り切りだと思う方もいらっしゃるかと思いますが、名の通った大手企業は基本的に評価は良くて、逆に某シューズショップや某居酒屋チェーンなどは酷評を得ています。
中小企業は判断が難しい部分もありますが、おおよそ当たっているわけですね。
さてさて、スカウトされた企業を調べるとほとんどがブラック企業であることが分かります。
入口が緩いという事はその分何かあるという事です。
そして、その企業をオファー通知をくれたエージェント会社もかなり危険です。(リクルートをはじめとした大手の企業は、自分たちの求人者の一部情報を同業他社に提供している)
つまり枝分かれしてその業界の様々な企業の様々な人に個人情報が漏れていくのです。
そう考えると使い方次第では危険ですし、前回の記事にも書きましたが、基本は一回落ちると再度選考には進めないので、よく業界職種を研究し最適なリクルーターを選ぶ必要性があります。
丁稚奉公を覚悟に頼み込む方法もあるかもしれませんが、このご時世はそんなに甘くはありません。
素性を隠して入社するのは無理です。
意外と世の中は狭いわけなんですね。
求人がたくさんあって求職者は選ぶ権利がある。
それでも決まらない人々の心を見抜いてオファーをかけてくる。
きちんと方向性が決まったうえでの転職活動が必要です。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする