自ら積極的にアピールすること

転職活動で一番大事だったと思った事を書きます。
それは熱意を伝えることです。
それは最初から分かっていると思う方もおられると思いますが、実際のところは違うのです。
面接官は、求職者の希望意欲を重視してる部分は多く、即戦力的な部分ももちろん問われますが、筆者のような若手には長く勤めてもらえるかが重要なポイントだと思います。
求職者は何度も何度も面接に行くと慣れてきてしまい、必死さを失ってきてしまいます。
最終面接や役員面接ではより熱意が問われてくるためその部分を強くアピールする必要があります。
逆に言えば業務的な志望理由を問われるのは最初の人事部だけですよ。
そこを理解しないと内定はもらえません。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする